山本美術館 > ブログ > 久しぶりの太陽の陽射し。

久しぶりの太陽の陽射し。

2012-07-07

昨夜から泊まっている孫が朝食を終えるのを待って外に連れ出し、美術館前の芝生や駐車場で遊んでいると、トンボが飛んでいるのに気づきました。

まだ数は2、3頭と少なく、種類も何なのか動きが早いのでよく分かりませんが、いつもの時期なら大体8月のお盆前くらいになって見かけるものです。今年は現れるのが早いなと思いながらも、二人で「トンボ、トンボ」と喜び、しばらく追いかけました。

また、美術館開館の10時前頃になると待ち望んでいた太陽の光が射してきたので、館内外のマットやスリッパなどを日光に当てたり、車庫内の湿気やかび臭さを取り除くため窓を開けたり傘類などを外に広げたりして、また家内は家の中に干していた洗濯物を外に出したり湿りがちな下足類などを外に並べて、梅雨の晴れ間の時間を忙しげに動き回っています。美術館から見下ろせる国道57号線の愛野展望台にもいつもに比べ止まる車が多く見られ、皆、天気の回復を待っていたのがよく分かります。

梅雨が本格的に明けると、私の芝生の刈り込みや庭木の剪定作業が待っています。

1341640930_CIMG4547久しぶりの太陽の陽射しを受けて