山本美術館 > ブログ > 若手演歌歌手の歌謡ステージ

若手演歌歌手の歌謡ステージ

2015-10-13

かねてから、現在の若手演歌歌手の中で、さわやかで伸びやかな声の持ち主の三山ひろしの歌をテレビやカーラジオで聞いている内に、機会があれば生で一度彼の歌を聞いてみたいと思っていました。

タイミングよく昨日、島原市有明総合文化会館で行われた「三山ひろし歌謡ステージ」へ、あまり気乗りのしない家内を誘って出かけました。

第一部は、地元カラオケスタジオのメンバーによる「歌と踊りの祭典」があり、これには思いがけない二人の知人が出場していて、自慢の歌声を披露してくれました。

第二部がメインの「三山ひろし」のショーで、一人で歌とトークにフル回転、会場内はなかなかの盛り上がりで、同行した家内も大いに楽しみ感動していました。今回、私が一番気に入ったのは、最新作の「お岩木山」と三波春夫のカバー曲「長編歌謡浪曲 立花左近」でした。

今日の記念に、ロビー販売の「お岩木山」の入った最新CD「三山ひろし全曲集」を買い求め、閉演後ロビーに出てきた彼と握手して、さわやかな気分になって帰宅しました。

 

 

CD「三山ひろし全曲集」ジャケット

CD「三山ひろし全曲集」ジャケット